ブログトップ

お菓子教室cake labo*Boule de neige 小さな仕事場

bouleneige.exblog.jp

タグ:映画 ( 3 ) タグの人気記事

映画ウィーク

ここ最近、立て続けに映画を観ました。

女子映画部、最近はもっぱらOちゃんと二人で活動しております。
今回観た映画も、すべてOちゃんと一緒。

付き合ってるのか!?

というくらい、毎週会ってました(笑)


さて、観た映画をちょこっと紹介。

まず初めに行ったのは、「悪人」

深津ちゃんがモントリオールで賞をとりまして、話題になりましたね。
それ以前から、気になっていたので観ようと思ってはいたのですが。

さすがに、賞を取った後だったので、激混みでした(^^;
最近、私はネットで席を確保してから行くので、観れないという事はないのですが。

さて、感想はというと…
気持ちよく映画館を出れる映画ではございません。。。(^^;
ま、タイトルからも分かりますでしょうが。
テーマはとっても重く、考えさせられる内容です。
現代社会の暗い部分を描いた…という感じですが、誰にでも、どこにでももしかしたら起こりうるんじゃないか?
という感じもします。

深津ちゃんも妻夫木くんも良かったのですが、個人的には祖母役の樹木希林さんがすごく良かったです。
さすがの存在感でした。


さて!
次に観たのは「死刑台のエレベーター」

こちらは、試写会が当りまして観に行ってきました。
公開は今週末からですね。

こちらもとても興味があったので、観に行こうと思っていたところ、試写会が当り!!
悪人を観て1週間も経ってなかったのですが、Oちゃん誘ってGO!

この映画は、なんと50年以上前のフランス映画のリメイク。
この度日本が初めて、リメイクを許可されたそうです。
今回の試写会、監督のトークショウが上映前に少し合ったのですが、監督は会場に来た人がオリジナルを知っているかどうか興味があったようですが、やはり50年以上前の映画なので観た事がある人は少なかったです。
私も、題名はなんとなく聞いた事がある?くらいでしたが。

主演は最近急上昇↑の女優さんの吉瀬美智子さんとあべちゃんこと阿部寛さん。
迫力の二人でした(笑)
特に吉瀬さん。
さすが、モデルさん。
立ち振る舞いが絵になります~

内容は、一応サスペンスなので伏せますが、こちらも
「うーーーーーん」
という感じのラストでした(^^;
でも、なんとなく昔の洋画、という雰囲気が感じ取れました。
そして、いろんな複線がからんで、よく出来てるなぁと思います。

さて、最後は「大奥」
こちらは、もうずっと前からOちゃんと行く約束してまして。
Oちゃんが、今回大奥に出演している、関ジャニの大倉くんの大ファンでして(^^;
まぁ、内容も面白そうだったので、私も行ってみようと思っていたのですが、、、

まさか、公開初日に行くとは!!!

思ってもいませんでした(笑)
ものすごい、ファンみたいじゃない?(誰の??)

というのも、公開初日は10月1日で映画の日。
お安く観れるとう事でこの日になったのですが、これもものすごい混んでました(^^;
いろんな場所の映画館サイトを見比べて、中でも良い方の席をリザーブ。

さて、感想ですが…

これまた、思ってたより、面白かった!!! デス(^^)

やはり、人気漫画が原作だけあって、面白い内容でしたね。
漫画が読みたくなりました(^^;

確かに、メンズのカッコイイこと。
あんな大奥あったら、ぶっとびますが(笑)

柴咲コウの将軍様も、さまになってましたね。
ああいう、気が強そうな役柄はやはりピッタリです(笑)
目力ありますから。

で、主役のニノですが…
年齢は19歳?の役だったと思うのですが、まぁ彼は童顔なのでそこはありなんだけど、あの時代の19歳はもう立派な大人の男でして、「旦那」とか呼ばれてたりするのですが、そこがどうも違和感ありで…
回りが、玉木宏さんとか佐々木蔵之介さんとか阿部サダヲさんとかだからでしょうか…??
なんかとても幼く見えて(ちっちゃいから?!爆)

あの役は、ニノが良かったのだろうか?!

と根本的な事を考えてしまいました(^^;
初めての時代もの、という事で見慣れない感じも否めないのでしょうけれど。
もうちっと、ピタリとくる人が居たんではないかなーと思ってしましました。
ニノの演技は悪くないんですけどね。


というわけで、連続して3本観た映画でしたが、振り返ればすべて邦画。
最近、邦画を観る事が多いですねー
もうだいぶ前になりましたが、夏休み期間中に観たのも、「踊る大走査線」と「借り暮らしのアリエッティ」でした。

そして、今後観る予定のある映画は

「インシテミル」と「SP」

あらら…
また、邦画(^^;

でも、11月にはハリポタがやって来ますので!!

秋~冬にかけてのこれからの時期、映画も芝居も目路を押し。
お菓子作り以外の、私の最大な趣味なので、これからもどんどん観に行きますよ~!!


あ、今日は字ばっかり(^^;
[PR]
by b-neige | 2010-10-08 17:14 | 映画・芝居プレビュー

アリス・イン・ワンダーランド

ちょっと体調が優れなかったり、試作したりなどで、更新を怠ってしまいました(^^;
季節の変わり目、みなさまもお気をつけ下さいませ。

さて、来月メニューの試作は今最終段階をしておりまして、
近日中にUP予定です。
もうしばらくお待ち下さいませ(^^;


本日は、違う話題を。
もう、先月の事になりますが(^^;
話題の3D映画「アリス・イン・ワンダーランド」を観ました。
3D映画は、アバターに続き、2回目。
相当人気があるとの事だったので、前もって席もリザーブ。
中央ブロックの後方席を無事にゲット。
3D映画対応も、慣れてきました(笑)

さて、内容と言いますと。。。

まぁ、誰でもご存知の「不思議の国のアリス」。
そのアリスが大人になって再びワンダーランドで赤の女王に立ち向かうお話です。
内容は…、、、まぁ、こんなもんでしょうか(笑)
基本的には、昔の記憶がないアリスが、なんとなく思い出せないまま突き進む。。。

とりあえず、ジョニー・ディップの変ぶりは見る価値ありかもですが(^^;
いろいろ矛盾も見えるので、その辺気にしない方はどうぞ(笑)

関係ないんですが、映画を見て中学生の頃を思い出しました。
私の通っていた中学校の英語の教科書には、不思議の国のアリスが掲載されてまして、英語を勉強し始めたばかりの私達は、良くその一文を暗唱して遊んでました。
「Down,down,down.Alice went down a big hole.」
という文章を、当時の英語の先生がとっても抑揚をつけた口調で読むので、
可笑しくてマネしてたのです。
おかげで、この時のテストは良くできました(笑)

3Dはすごい技術ですが、昔の童話はやはり本の中の世界観で味わった方が良い気が個人的にはします(^^;

あ、でもチェシャ猫は可愛かったです(^^)
無関心なふりして、最後には美味しいところ持っていく。
憎めない奴です。(笑)

c0201103_2221571.jpg


あ、ちなみに今回、3Dメガネは持ち帰りOKとの事でした。

…もらっても、困るんだけどね(--;
[PR]
by b-neige | 2010-05-12 22:34 | 映画・芝居プレビュー

たまには別の趣味の話も、、、映画「アバター」

今日は、お菓子とかとは関係ない話でも。


今日は水曜日。
関東圏は、レディースディで映画が1000円になります。
私は以前勤めていた会社の仲間数人で、「女子映画部」なる活動をしてました(^^;
退社した今でもそれは続き、本日は今年1発目の活動日

タイタニックを超えた!

と評判の「アバター」を観に行ってきました。
もちろん、3Dで!

評判通りか、レディースディ狙いなのか、、、、
劇場は超満員。
私は他に用事があったので、先にチケットを買いに行ったのですが、
開演までまだ3時間くらいあるチケットなのに、もう混雑してますと言われ。
後方か前方しか席がありませんでした。

3Dですので、前方は出来るだけ避けたい…
私は以前、3D映画でもない「ロード・オブ・ザ・リング」で頭がぐるぐるした経験があり(笑)

結局後方であいていた中央ブロック席を取りましたが、やはり正解でした。
頭ぐるぐるは思ったよりしませんでしたが、全体が見れるので観やすかったです。

入り口で渡された3Dメガネも、思ったよりしっかりした作りでびっくり。
これのせい?か、今回はいつもはレディース料金1000円のところ、300円増しでしたから(笑)

たぶんほとんどの人が、3D映像というと、ディズニーランドを思い浮かべるのでは?(^^)
でも、あれほど強い…という言い方が正解か?は分かりませんが、思わず手を出して触ってみようと思うほどの立体映像ではありません。
まぁ、程よいというか…(笑)
鳥に乗って空を飛ぶシーンとか、映画の中で映し出されるコンピューター映像とかはリアルに立体でしたけどね。

そして、内容といいますと…
まぁ、壮大なSFです(^^;
エンドロールの長さが、係わった人の多さを物語ってます。
実際にこんな未来がやってきたら、すごいだろうねー
と単純に思いました。
でも根底にあるテーマは、今の世の中にかけている「絆」
そして、「自然破壊」です。
監督は構想に14年、製作に4年を費やしたそうですから、その間にもいろんな事が起きて、
変わっていると思います、、、良い方に変わってはいないと思いますが…

最新技術を駆使した、エンターテイメント映画ですが、
そう言った目に見える凄さだけじゃなく、内に秘めるメッセージに共感できる人でありたいな、、、

と思った映画でした。

今日は写真ないーー(^^;
[PR]
by b-neige | 2010-01-27 23:58 | 映画・芝居プレビュー