ブログトップ

お菓子教室cake labo*Boule de neige 小さな仕事場

bouleneige.exblog.jp

カテゴリ:映画・芝居プレビュー( 8 )

映画ウィーク

ここ最近、立て続けに映画を観ました。

女子映画部、最近はもっぱらOちゃんと二人で活動しております。
今回観た映画も、すべてOちゃんと一緒。

付き合ってるのか!?

というくらい、毎週会ってました(笑)


さて、観た映画をちょこっと紹介。

まず初めに行ったのは、「悪人」

深津ちゃんがモントリオールで賞をとりまして、話題になりましたね。
それ以前から、気になっていたので観ようと思ってはいたのですが。

さすがに、賞を取った後だったので、激混みでした(^^;
最近、私はネットで席を確保してから行くので、観れないという事はないのですが。

さて、感想はというと…
気持ちよく映画館を出れる映画ではございません。。。(^^;
ま、タイトルからも分かりますでしょうが。
テーマはとっても重く、考えさせられる内容です。
現代社会の暗い部分を描いた…という感じですが、誰にでも、どこにでももしかしたら起こりうるんじゃないか?
という感じもします。

深津ちゃんも妻夫木くんも良かったのですが、個人的には祖母役の樹木希林さんがすごく良かったです。
さすがの存在感でした。


さて!
次に観たのは「死刑台のエレベーター」

こちらは、試写会が当りまして観に行ってきました。
公開は今週末からですね。

こちらもとても興味があったので、観に行こうと思っていたところ、試写会が当り!!
悪人を観て1週間も経ってなかったのですが、Oちゃん誘ってGO!

この映画は、なんと50年以上前のフランス映画のリメイク。
この度日本が初めて、リメイクを許可されたそうです。
今回の試写会、監督のトークショウが上映前に少し合ったのですが、監督は会場に来た人がオリジナルを知っているかどうか興味があったようですが、やはり50年以上前の映画なので観た事がある人は少なかったです。
私も、題名はなんとなく聞いた事がある?くらいでしたが。

主演は最近急上昇↑の女優さんの吉瀬美智子さんとあべちゃんこと阿部寛さん。
迫力の二人でした(笑)
特に吉瀬さん。
さすが、モデルさん。
立ち振る舞いが絵になります~

内容は、一応サスペンスなので伏せますが、こちらも
「うーーーーーん」
という感じのラストでした(^^;
でも、なんとなく昔の洋画、という雰囲気が感じ取れました。
そして、いろんな複線がからんで、よく出来てるなぁと思います。

さて、最後は「大奥」
こちらは、もうずっと前からOちゃんと行く約束してまして。
Oちゃんが、今回大奥に出演している、関ジャニの大倉くんの大ファンでして(^^;
まぁ、内容も面白そうだったので、私も行ってみようと思っていたのですが、、、

まさか、公開初日に行くとは!!!

思ってもいませんでした(笑)
ものすごい、ファンみたいじゃない?(誰の??)

というのも、公開初日は10月1日で映画の日。
お安く観れるとう事でこの日になったのですが、これもものすごい混んでました(^^;
いろんな場所の映画館サイトを見比べて、中でも良い方の席をリザーブ。

さて、感想ですが…

これまた、思ってたより、面白かった!!! デス(^^)

やはり、人気漫画が原作だけあって、面白い内容でしたね。
漫画が読みたくなりました(^^;

確かに、メンズのカッコイイこと。
あんな大奥あったら、ぶっとびますが(笑)

柴咲コウの将軍様も、さまになってましたね。
ああいう、気が強そうな役柄はやはりピッタリです(笑)
目力ありますから。

で、主役のニノですが…
年齢は19歳?の役だったと思うのですが、まぁ彼は童顔なのでそこはありなんだけど、あの時代の19歳はもう立派な大人の男でして、「旦那」とか呼ばれてたりするのですが、そこがどうも違和感ありで…
回りが、玉木宏さんとか佐々木蔵之介さんとか阿部サダヲさんとかだからでしょうか…??
なんかとても幼く見えて(ちっちゃいから?!爆)

あの役は、ニノが良かったのだろうか?!

と根本的な事を考えてしまいました(^^;
初めての時代もの、という事で見慣れない感じも否めないのでしょうけれど。
もうちっと、ピタリとくる人が居たんではないかなーと思ってしましました。
ニノの演技は悪くないんですけどね。


というわけで、連続して3本観た映画でしたが、振り返ればすべて邦画。
最近、邦画を観る事が多いですねー
もうだいぶ前になりましたが、夏休み期間中に観たのも、「踊る大走査線」と「借り暮らしのアリエッティ」でした。

そして、今後観る予定のある映画は

「インシテミル」と「SP」

あらら…
また、邦画(^^;

でも、11月にはハリポタがやって来ますので!!

秋~冬にかけてのこれからの時期、映画も芝居も目路を押し。
お菓子作り以外の、私の最大な趣味なので、これからもどんどん観に行きますよ~!!


あ、今日は字ばっかり(^^;
[PR]
by b-neige | 2010-10-08 17:14 | 映画・芝居プレビュー

アリス・イン・ワンダーランド

ちょっと体調が優れなかったり、試作したりなどで、更新を怠ってしまいました(^^;
季節の変わり目、みなさまもお気をつけ下さいませ。

さて、来月メニューの試作は今最終段階をしておりまして、
近日中にUP予定です。
もうしばらくお待ち下さいませ(^^;


本日は、違う話題を。
もう、先月の事になりますが(^^;
話題の3D映画「アリス・イン・ワンダーランド」を観ました。
3D映画は、アバターに続き、2回目。
相当人気があるとの事だったので、前もって席もリザーブ。
中央ブロックの後方席を無事にゲット。
3D映画対応も、慣れてきました(笑)

さて、内容と言いますと。。。

まぁ、誰でもご存知の「不思議の国のアリス」。
そのアリスが大人になって再びワンダーランドで赤の女王に立ち向かうお話です。
内容は…、、、まぁ、こんなもんでしょうか(笑)
基本的には、昔の記憶がないアリスが、なんとなく思い出せないまま突き進む。。。

とりあえず、ジョニー・ディップの変ぶりは見る価値ありかもですが(^^;
いろいろ矛盾も見えるので、その辺気にしない方はどうぞ(笑)

関係ないんですが、映画を見て中学生の頃を思い出しました。
私の通っていた中学校の英語の教科書には、不思議の国のアリスが掲載されてまして、英語を勉強し始めたばかりの私達は、良くその一文を暗唱して遊んでました。
「Down,down,down.Alice went down a big hole.」
という文章を、当時の英語の先生がとっても抑揚をつけた口調で読むので、
可笑しくてマネしてたのです。
おかげで、この時のテストは良くできました(笑)

3Dはすごい技術ですが、昔の童話はやはり本の中の世界観で味わった方が良い気が個人的にはします(^^;

あ、でもチェシャ猫は可愛かったです(^^)
無関心なふりして、最後には美味しいところ持っていく。
憎めない奴です。(笑)

c0201103_2221571.jpg


あ、ちなみに今回、3Dメガネは持ち帰りOKとの事でした。

…もらっても、困るんだけどね(--;
[PR]
by b-neige | 2010-05-12 22:34 | 映画・芝居プレビュー

ゴールデンスランバー

(ほぼ)毎月恒例、女子映画部活動日がやってまいりました(笑)

本日の映画は

「ゴールデンスランバー」

です。

堺雅人さん好きとしては、見逃せない作品です(^^)/

今回は、原作は未読のまま望みました。

ストーリィはごく平凡な宅配便ドライバーである主人公が、突然首相暗殺犯に仕立てられて、警察に追われる話です。
まぁ、大半が逃走してるシーンなのですが、そこに大学時代の友達とのからみや、あらたに現れる謎の人物、助けてくれる人などの話が交錯して行きます。
ほとんど内容をしらないまま行ったので、ラストまで面白くみれたのですが、結局なんで無実の罪を擦りつけられたのか、は明かされないままなので、なんとーなく不完全燃焼の感じで映画館を出ました(^^;
描かれないから良い、といのもあるのでしょうけれど、やはりちょっとモヤモヤします(笑)

なんか、ひさしぶりにふつーの感じの堺さんを見た気がします。
…いや、本当は無実の暗殺犯なので、ふつーではありませんが(笑)
ほんとにどんな役でもスルっと入れる器用な役者さんだなぁーと思います。
ご本人曰く、自分は天才肌じゃなく、努力の人…らしいですが。

堺さんは、今年は年末にもう一本、「武士の家計簿」という映画の公開が控えてます。
こちらも、もう題名だけで面白そうじゃないですか(^m^)

先日はヨコハマ映画祭りで主演男優賞にも輝いた堺さん。
これからも、ますます期待しております~((o(^∇^)o))

ところで、「ゴールデンスランバー」って、ビートルズの名曲で、
訳しますと「黄金のまどろみ」だそうです。
んーーー、そんなまどろみ経験してみたーい(笑)
[PR]
by b-neige | 2010-02-24 23:47 | 映画・芝居プレビュー

下北1day

久々の、下北。
芝居を観に行ったのですが、その前にお野菜がメインのお店で、ランチしました♪
お店の名前もそのまま「八百屋」(笑)

c0201103_23581775.jpg


ずらっと、小鉢が11点とごはん。
ちょっとづつ食べれるのは、女子には嬉しいですよね(^^)
そして、ちょっとづつ食べてると、不思議とお腹いっぱいになるんだよね~

今回はランチでしたが、夜も美味しそうなお店でした。
ふらっと入ったわりには、あたりのお店でした!

そして、ランチの後は本題の観劇へ。

観たのは、→こちら
いろいろな劇団などから役者さんが集まった、プロデュース公演です。
山奥の刑務所が舞台で、テーマは「脱獄」…ですが、それは表向きのテーマで、
囚人達それぞれがいろいろ思惑を思っていて、、、
てな感じの話です。
何気に、駅前劇場はお初だったのですが、最近は大きめな劇場ばかりで観てたので
あの狭さが新鮮でした(^^;
昔は、あのくらいの小屋でよく観てたけどなー
小さいと、役者さんの表情がよく分かって良いですよね(^^)
…たまに、いろいろ飛んできますが、飛沫系が、、、(笑)

でも、また小さい小屋の芝居観に行きたいな~
[PR]
by b-neige | 2010-01-31 23:49 | 映画・芝居プレビュー

たまには別の趣味の話も、、、映画「アバター」

今日は、お菓子とかとは関係ない話でも。


今日は水曜日。
関東圏は、レディースディで映画が1000円になります。
私は以前勤めていた会社の仲間数人で、「女子映画部」なる活動をしてました(^^;
退社した今でもそれは続き、本日は今年1発目の活動日

タイタニックを超えた!

と評判の「アバター」を観に行ってきました。
もちろん、3Dで!

評判通りか、レディースディ狙いなのか、、、、
劇場は超満員。
私は他に用事があったので、先にチケットを買いに行ったのですが、
開演までまだ3時間くらいあるチケットなのに、もう混雑してますと言われ。
後方か前方しか席がありませんでした。

3Dですので、前方は出来るだけ避けたい…
私は以前、3D映画でもない「ロード・オブ・ザ・リング」で頭がぐるぐるした経験があり(笑)

結局後方であいていた中央ブロック席を取りましたが、やはり正解でした。
頭ぐるぐるは思ったよりしませんでしたが、全体が見れるので観やすかったです。

入り口で渡された3Dメガネも、思ったよりしっかりした作りでびっくり。
これのせい?か、今回はいつもはレディース料金1000円のところ、300円増しでしたから(笑)

たぶんほとんどの人が、3D映像というと、ディズニーランドを思い浮かべるのでは?(^^)
でも、あれほど強い…という言い方が正解か?は分かりませんが、思わず手を出して触ってみようと思うほどの立体映像ではありません。
まぁ、程よいというか…(笑)
鳥に乗って空を飛ぶシーンとか、映画の中で映し出されるコンピューター映像とかはリアルに立体でしたけどね。

そして、内容といいますと…
まぁ、壮大なSFです(^^;
エンドロールの長さが、係わった人の多さを物語ってます。
実際にこんな未来がやってきたら、すごいだろうねー
と単純に思いました。
でも根底にあるテーマは、今の世の中にかけている「絆」
そして、「自然破壊」です。
監督は構想に14年、製作に4年を費やしたそうですから、その間にもいろんな事が起きて、
変わっていると思います、、、良い方に変わってはいないと思いますが…

最新技術を駆使した、エンターテイメント映画ですが、
そう言った目に見える凄さだけじゃなく、内に秘めるメッセージに共感できる人でありたいな、、、

と思った映画でした。

今日は写真ないーー(^^;
[PR]
by b-neige | 2010-01-27 23:58 | 映画・芝居プレビュー

いざ!新橋演舞場へ

昨日は、新橋演舞場にお芝居を観に行きました。

毎回楽しみな、劇団新感線。
演目は「蛮幽鬼」
チケットを確認したら、お席も良席でウキウキ016.gif

今回は看板役者の古田さんは主演していないのですが、
その代わり、ゲストのメンバーが超豪華072.gif

ダブル主演に、上川隆也さんと、堺雅人さん
ヒロインに、稲森いずみさん
私は初・お目見え、女形の早乙女太一くん

いやいや、ほんとに豪華だこと。

でも、今回私が一番楽しみにしていたのは、
堺雅人さん053.gif

今でこそ、映画やドラマに引っ張りだこですが、
私は舞台人の頃からファンでした016.gif
久しぶりに舞台で、しかも新感線で観れるとは!!!
キャストが発表になってから、大興奮071.gif
すごーく、楽しみにしてました。

結果…

めちゃ良かったです016.gif
堺さんは、ほんとに芸達者な方で、役柄によって顔つきが全然違います。

以前、情熱大陸に出演された時に知ったのですが、
堺さんは役柄に合わせて体重を増減させたり、禁煙したりするそうです。
とてもストイックに、役に取り組む姿が印象的でした。

そしてなんと言っても、あの微笑み。
笑顔じゃなくて、ほほえみです(笑)
「微笑みの貴公子」ですから。
(ちなみに、早稲田時代は「早稲田のプリンス」だったそうです。)

今回の役は、年がら年中微笑んでいるのですが、
その微笑の下で何を考えているのかさっぱりわからない、
という役でした。
堺さんに、ぴったりの役(笑)
芝居中、ほんとに瞳の奥になにやら得体の知れない光が見えたし、
微笑みながら、悲しい瞳の色が見えました。
舞台はテレビや映画と違って、生もの。
その一瞬は、二度と同じ事はないのです。
私が舞台を好きになったのも、このせいです。
同じ舞台を何回か観に行く事もあるのですが、毎回違うのです。
だから面白くて、止められない。
観劇するほうも、演技する方も
立場は違えど、理由は同じ気がします。

舞台には、NGシーンありません。
Take2もありません。
1回切りですから。
ロングショットもなければ、表情のアップシーンもなし。
なので、こまかい感情を、表情や声で現さないといけません。
それも、会場の一番後ろの席の人や2階席・3階席の後ろまで、隅々に。

大変な仕事だなー(^^;

でも、これからも私は劇場に足を運ぶでしょう。

お芝居観たことない方も、物は試しに一度観てみては!

はまっちゃうかもしれませんよ(*^^*)


あ、今回もう一つびっくりしたのは、女形の早乙女太一くん!!
噂どおり、容姿ももちろんとっても綺麗だったのですが、
その殺陣の美しさに目を奪われました053.gif
これまでいろんな殺陣シーンを見てきたのですが、
いままでで一番かもっっ!!!!
って、思いました。
まだとっても若いのに、すごいです(^^;

ちなみに、これ迄で殺陣が上手いと思ってきた役者さんは、堤真一さん。
古田さんももちろん上手いのですが、堤さんはさすがのアクションクラブ出身。
動きに無駄がないのです。

でもほんと、早乙女くんは今後に期待します♪

                ↓劇場内に鎮座していた、蛮幽鬼?
c0201103_33118100.jpg

[PR]
by b-neige | 2009-10-02 02:44 | 映画・芝居プレビュー

いざ、紀伊國屋サザンシアターへ

昨日は、キャラメルボックスの芝居を観に行ってきました。

すごーく久しぶりの、紀伊國屋サザンシアター
何時ぶりだろう?
何観た以来だったかなー
思い出せないくらい、前って事ね(^^;

観てきたのは、演劇集団キャラメルボックスの「さよならノーチラス号」
なんと、11年ぶりの再演
そして、11年前も私は観ている(^^;
時の流れって、すごい(笑)

私はこの芝居に出てくる、「サブリナ」という犬キャラが好きで、
11年経った今でもすごく印象に残っていました。
だって、演じるのは女優さん、れっきとした「人」なんですが
ほんとうに「犬」に見えてくるのです。
ラブラドールレトリバーなんですけど(笑)
そして、今回も11年前に演じた、同じ女優さんがこのサブリナを。
それも、すごい事ですねー
11年の時を感じさせない、同じ雰囲気のままでした。
他の役者さんは、ほとんど違うメンバーが演じているので、
全体的には違う芝居を観た感じですが
サブリナの存在感はそのままでした。
ほんとに、犬がしゃべったら、おもしろいだろうなぁ
と、この芝居を観ると思ってしまいます。

うちの猫もしゃべらんかなー037.gif

ちっとも、芝居のレビューじゃなかった040.gif
[PR]
by b-neige | 2009-09-04 23:37 | 映画・芝居プレビュー

まさに、「20世紀少年」、じゃなくて「少女」な私

今日は、昨日プライベートで観た映画のお話を

あ、ちなみに私は友達数人と、
「水曜レディースデイ映画部」
なる活動をしてます(笑)

今回観たのは、コレ↓

c0201103_2441239.jpg


ついに、完結!

個人的な感想は…


原作(漫画)より、めっちゃわかりやすいラストだわ

です(^^;

原作は、読んでも読んでも、私には謎でした
いろんな複線があって、憶えてないとか理解してない事が原因なんでしょうけれど(^^;

まぁ、今回は原作とは違った結末ということなので
そう思って、観ないとですけれどね


試写会でも、見せなかったという、エンドロール後のラスト映像

あれがありか、なしか、
は感じ方は人それぞれ違うでしょうけれど

なんとなく発した言葉で

第三者をものすごく傷つけたり

喜ばしたり

苦しめたり


「言葉」って、

最大の凶器だし

最高の癒しだし

使い方で、どっちにもなるのだから、
ほんと、難しいですね…


でも、大人になっても
子供の頃の思い出を一緒に共有できる友達がいるって
すごく良いなと思います
「ともだち」の〇〇くん(一応、ネタばれになるので)は、
そうゆう友達が、いなかったんだね

私の通っていた小学校は、いまはもう無くなってしまい、
中学校も、合併して、名前が変わってしまいました(^^;
実家もその頃住んでた場所から、ちょっと移動してしまったので、
同級生にバッタリ会うという事も、ほとんどない
なんか、ちょっと寂しいですが…

みんな、どうしてるのかなー


しかし、けんじはめっちゃ不死身ですね(^^;
ま、映画なんで当たり前ですけど
ありえない(笑)
かんなは、第2章の方が好きかなー
あと、おっちょは、かっこ良すぎです(^^)
そして、ともだちとヨシツネと今回はでてこないサダキヨと
私の中ではこの3人の関係が、いまいちしっくりこない…
んーー、もう一回、原作とDVDを観るべきか??

まぁ、映画は気になる方は、ぜひご覧あれ


さて、今度は今日見た芝居の話でも(^0^)/
[PR]
by b-neige | 2009-09-03 10:28 | 映画・芝居プレビュー